wakuwakusuzzooraのブログ

ワクワクすっぞオラ!

CAD書いてる人! 乙です!

これ書いてもいいんですかね?ま、いいっすよね。
どうせ誰も読む人いないから _orz_
 
 
マウスホイール操作の拡大縮小はマウスによって動きが違う!
 
動きが変なら、マウスを変えるべし!
 
 
 
 
私は時折、CADを使います。それはもう時折です。
使っているのはARCHITRENDってソフトなんですけど、建築関係のCADソフトですね。
小規模建築の図面作成にはかなり特化してるとは思いますが、
それだけに汎用性はない、と言っていいですね。
 
で、このソフト非常に便利でいいんですけど
Windows10に対応してから、と言うかWindows10のOSに変えてから、
何だか使いづらくなってしまったのです。
 
結構このソフトを使ってる時って時間に追われてることが多いので
何がどう使いづらいのかを掘り下げなかったのです。
例によって癖ですね、これも。
かれこれ2年位その使いづらいを誤魔化して使っていたのですよ。
 
つまり、使いづらいけど、
だからと言って使えないわけじゃない程度の問題なわけです。
 
 
で、ここのところ籠もって作業することが多くなったついでに、
何がどう使いづらかったのかを検証してみることにしました。
 
 
すると、使いづらさの理由を見つけることが出来ました。
 
 
それは、拡大縮小の動きだったのです。
 
 
こうしたCADをお使いの人は大概マウスを多用しますよね。キーボードよりマウス。
で、
こうしたソフトはその拡大縮小機能ををマウスホイールに割振っていると思うんです。
マウスホイールを回すと拡大したり縮小したり、拡大縮小は結構多用しますもんね。
マウスホイールを使っての拡大縮小はカーソルが指してる位置を基準に拡大縮小が行われるのが一般的です。
 
と言うか、ここを拡大したいってカーソル持っていってるんだから、そこを基準にしてもらわないと、使いづらいですよね。
 
 
 
そうです。そこだったんです。
Windows10になってから、私の使っていたマウスではカーソル位置が基準ではなくて
画面の中心が基準になって拡大縮小をするようになってしまっていたのです。
 
 
この拡大縮小機能はキーボードでもできるし、
マウスの左右同時押しドラッグでも可能なので
いざとなればどうとでもなりますから、何だか使いづらくなったな、
程度ですんでしまってたんですね。
 
ただ、やはりマウスホイールでクリクリやって拡大縮小すると作業は早いです。
キーボード触るには利き手じゃない手の指を使うか、
いちいちマウスから手を離すかですからね。時間かかります。
 
 
で、これをどうしてこうなったのか、
これほどのことなら何がしかの記事がネットの中にあるはず、
と、思い探してみたのですが、
 
皆無でした。見つけることが出来ません。なんだこりゃ!です。
 
こうして探してみて思い出しました。
前もこうやって探したことあったな、と
でも時間がなかったから諦めたんでしょうね。
そして、作業が終わり、終わったことで全てを忘れて、
そしてその忘れたことも忘れて、現在に至ってたんですね。我ながら、びっくりです。
 
 
で、途方に暮れはしたのですが、意外とかんたんに解決しました。
 
解決策。それはマウスを変えることでした。
なんだ、それ!です。
 
という事で
 
 
んなことは、
もっと簡単に教えて欲しいぞオラ!
 
 
 
何がどう作用して、これがダメでこれが大丈夫っていうのは、正直分かりません。
ですが、私が持ってるマウスの中で出来るものと、出来ないものがあるのは間違いないのです。
 
 
因みに

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404221459j:plain

Microsoft Wireless Mouse5000とWireless Keybood SET

  こちらはダメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404222050j:plain

マイクロソフト マウス Bluetooth対応/薄型/小型 Arc Mouse

こちらもダメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404222323j:plain

マイクロソフト マウス Blutooth/モダン モバイル マウス

こちらは大丈夫!



 
 
 
 
 

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404222503j:plain

Microsoft ARC touch Wireless 

こちらも大丈夫!

 

 

因みに前の記事で紹介した

 

 

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404215642j:plain

エレコム マウス Bluetooth Mサイズ 5ボタン (戻る・進むボタン搭載) BlueLED 握りの極み ブラック M-XGM10BBBK 

こちらも大丈夫!

 

 

 

結局、何がダメでどうしてダメなのかにはたどり着けていませんが、
想像するにマウスホイールの回転信号のしゅるいなのかなぁーーー。っと、
 
 
ぼんやり思ってる今日このごろで御座候。

iPad とWindows10で同じキーボードが使える マウスも!

 

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404215543j:plain

エレコム Bluetooth キーボード   ブラック TK-FBM111BK

f:id:wakuwakusuzzoora:20210404215642j:plain

エレコム マウス Bluetooth  ブラック M-XGM10BBBK
 
普段iPadは手書きで入力していることが多い私。
制作中はWindows10とiPadを行ったり来たりするので、
iPadが手書き入力になってしまったのですが、
やはり長文書いたり、時に漢字が出てこない日ってのがあって、
こういった頭の調子が悪い日はキーボードを使用することにしています。
つまり、簡単に言うと気分次第でキーボードも使うってことですね。
 
でもWindows10とiPad両方のキーボードを取っ替え引っ替えっていうのは
ちょっと無理っしょ?
 
ところが最近のブルートゥースキーボードは両方いけちゃうんですよ。
 
いや、今更なんですけどね。
 
って言うのも、実は数年前に購入したiCleverってメーカーの
折りたたみキーボード、これもそれが出来ちゃうやつだったんです。
 
でもね、
私の使い方が間違ってるのかそれとも買ったものがそもそも不良品だったのか、
 
一度他のデバイスにペアリングすると次に繋げるには
再度最初っからペアリングのやり直しをしないと繋がらなくて、
iPad2台持ちの私は変えるたびにペアリングを一からやり直していたのです。
 
Windows10のことなんか端から頭になかったし、
説明書や機能をじっくり読まない癖の私は、こういう仕様なんだと理解していたため、
その機能のついたキーボードを持っていたにもかかわらず、
そんな事ができるキーボードが世の中に存在することを
知らぬまま現在に至ったわけです。
 
で、
 
最近PCのキーボードが調子悪くなってきたので買い換えようと
探しているとなんと見つけてしまったんですね、これを。
 
で、
 
ついでに実はその機能をすでに所有していたことも判明して、
 
「なんだこりゃー!」
 
って喜んで使おうとしたら、
やっぱ折りたたみの方は一向にそんな事できそうにないのです。
 
説明書もネットから落としてじっくり読んだんですけどね。
 
うん、出来ませんね。もう良いっす。こんな怪しい○華製、
どうせまともに動くこと自体が不思議なしろものなんですよ。
 
っておもったら、
 
この企業きっちり日本法人だった。
しかもアメリカのイリノイ大学ワシントン大学出身の博士達が設立したのなんだのと言っておられます。
 
なんと!
 
ってことはだよ。
 
んな、中途半端な良品
作ってんじゃねぞオラ!
 
ま、そんな訳でね、
 
そちらのメーカーにも良さげなキーボードやマウスも沢山あったんですけどね、
私は安定のエレコム製を購入いたしました。
うん、エレコムの方はね、エレコムですから、
 
箱にはちゃんと MADE IN CHINA と明記されてましたよ。(T_T)ナ-ンダコレ!